一般的に工場で働いている人は男性のイメージが強いですが、実際はどうなのでしょうか。

工場での仕事に興味を持っていらっしゃる女性もいらっしゃるかと思います。今回はそんな方々のために女性の工場での働き方について詳しく見ていきましょう!

 

 

工場で働く女性について教えて!

はじめに工場で実際に働く女性は一体どんな人たちなのか、また女性にオススメの工場でのお仕事について詳しく説明していきます。


>>女性歓迎の求人はこちら

 

どういった女性が働いているの?

工場で働いている女性といえど様々な方がいます。まず年齢についてですが、工場で働いている女性は20~50代と、幅広い年代になっています。

そのため自分の年齢がネックになって仕事探しが上手くできないという方でも、安心してお仕事を探すことができます。働いている人の雰囲気についてですが、人によって様々です。


皆さんが抱いている工場のお仕事というのは1人で黙々と作業をこなしているイメージのため、職場にはおとなしい人が少なくないと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし実際に工場で働いている人はおとなしい方から、人と話すのが好きという明るい方など様々です。そのため工場の同僚と休日に遊びに行ったりする方もなかにはいるようです。

 

女性でもできる仕事ってあるの?

女性が工場で働こうと考えた時、力仕事ばかりで体力的に心配だと感じている方もいるのではないでしょうか?

しかし工場にあるのは力仕事だけではありません。具体的にどのような仕事があるのか、簡単にご説明していきます。

 

仕分け

仕分け業務は商品をカテゴリーや種類別に分けていく作業です。そのため力を必要とする仕事ではないので、体力に自信のない女性の方でも安心してできます。

 

梱包

梱包作業では指示書に従ってピッキング(商品を倉庫から取り出してくること)されてきた商品を発送するために、ラッピングやダンボールへの箱詰めを行っていきます。こちらの作業も仕分けと同様力作業ではありません。

>>軽作業業務の求人はこちら


 

機械オペレーター

機械オペレーターのお仕事では材料を機械に投入し、機械操作を行っていきます。マニュアルに沿って作業を行っていくため、難しい作業ではありません。

 

食品加工

食品加工では食材のカットをはじめ、パック詰め、トッピングなどを行っていきます。力仕事ではないため女性の方が多く働いている傾向にあります。

 

検査及び検品

検査や検品で行うことは文字どおり、製品や設備に不備がないか、傷がないか、その他チェック項目に従って確認業務を行っていきます。検査や検品は細かい作業になるため、女性に向いている仕事といえるかもしれません。

 

組み立て及び加工

組み立てや加工のお仕事では電動ドライバーやレンチを用いた家電製品や自動車の組み立てのほか、ハンダやプレス加工といった加工業務を行っていきます。しかし業務上顔が汚れてしまったり、髪がボサボサになってしまうことがあるようです。

 

事務

工場事務では主に完成品の確認や会計処理(伝票の処理とか)や電話対応などを行います。簿記の資格を持っていると仕事上楽ですが、未経験の方でも安心して働くことができます。

 

このように工場でのお仕事では力仕事以外にも様々なお仕事があるので、自分にあった職種のお仕事を探すことができます。

 

 

女性が工場で働くメリットってあるの?

工場で働く女性について知っていただいたところで、次に女性が工場で働く上でどんなメリットがあるのか説明していきます。

 

予定に合わせてシフトを組むことができる

1つ目のメリットは自分の予定に合わせてシフトを組めることです。工場の場合、勤務日が固定されているのではなくシフト制で決める場合が多い為、自由に組むことができます。

実際に働く女性の中には子ども学校行事や友達と遊ぶ日に合わせて休みを取る方がいるようです。

また万が一シフト制でなくても工場では土日休みのところも多いので、生活と両立して安心しながら働くことができます。

 

女性ならではのスキルを活かすことができる

2つ目のメリットは、工場では女性らしさを活かすことができるということです。具体的には繊細さや丁寧さといった点を仕事に活かすことができます。

例えば検査や検品といったお仕事ではいくつもあるチェック項目全てを確認しなければなりません。そのため細かくチェックする作業では女性の方の方が向いているといえるでしょう。

その他には食品工場での盛り付けや細かい部品の組み立てなど様々な場面で女性らしさを生かすことができます。

 

短時間の勤務ができる

3つ目のメリットは短時間勤務ができるということです。このような特徴は工場の仕事の中でもパートやアルバイトに多く見られます。

短時間勤務のメリットは家庭と両立して働くことができることです。そのため工場でのお仕事は女性の方にオススメの仕事と言えます。

 

通勤の服装は自由に決めることができる

4つ目のメリットは出勤時の服装が自由であることです。オフィスで働く仕事の場合、服装はスーツやビジネスカジュアルではなければいけないことが多いのですが、工場の場合は自由な服装となっています。

 

残業が少ない

5つ目のメリットは工場勤務は残業が少ないことです。そのため短時間勤務の時と同様、家庭との両立を考えて働いている主婦の方や、時間管理をしっかり行って働きたいという方に工場はオススメです。

 

このように、女性が工場で働く場合、様々なメリットがあります。

 

 

工場で働く上で注意しておくべきことって?

次に女性が工場で働く上で注意すべき点についてご紹介していきます。

 

ネイルについて

1つ目はネイルが禁止されている点です。

工場では手作業が多いため、万が一異物が製品に混入してしまうと大変なことになってしまいます。またネイル以外にも香水やコロンも工場によっては禁止されているので、注意が必要です。

 

単純作業が多い

2つ目は工場での作業は単純作業が多いという点です。単純作業で何に気をつければ良いの?と思う方もいるかと思いますが、単純作業は集中力が必要です。

単純作業では何時間もひたすら同じ動作を繰り返していくため、これを精神的に苦痛に感じ、中には仕事を辞めてしまう方もいます。

そのため単純作業の多さにあらかじめ注意しておくことが、工場で働く上では大事になります。

 

肉体的負担について

3つ目は工場で働く場合には、肉体的負担がある点です。工場現場での仕事はたとえ力仕事でなくても、立ち仕事の場合があります。

また単純作業の繰り返しで肩こりを起こす方もいるようです。肉体的疲労には十分注意する必要があります。

 

 

最後に

以上で《女性・主婦必見!!工場は女性でも働けるの?》についての記事は終わります。

 

ジョブハウス工場にはこんな記事も!

《ジョブハウス工場》には印刷・製紙業界の求人化学・石油化学業界の求人機械・鉄鋼・金属業界の求人といった様々な記事や特集記事を多数掲載していますので、ぜひそちらも併せてご覧になってみてください。自分に合った求人が見つかることでしょう。

 

ジョブハウス工場ではこんなことも!

《ジョブハウス工場》にまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。

《ジョブハウス工場》では専属のキャリアコンサルタントによる、転職・就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、求職者様に合ったお仕事の紹介などもメールや電話で随時承っています。こちらのサービスも併せてご利用ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!