トラックドライバーへ就職・転職をされた方がなぜトラックドライバーを志望されたのか、また実際にどのような志望理由を履歴書に記載されたり、面接で話をされたりしたのかをまとめました。トラックドライバーへの転職を検討されている方は参考にしていただければと思います。

履歴書・面接で実際に使ったトラックドライバーへの志望理由

まずは履歴書は面接で実際に利用されたトラックドライバーの志望理由です。面接官の方が読む・聞くものですから前向きなものが良いでしょう。前の仕事の悪口や楽そうだからといった後ろ向きな理由はあまり使わない方がいいでしょう。

トラック運転手への志望理由例①

知人がセールスドライバーの仕事をしていたのが興味を持ったきっかけです。 話を聞く中で、ただ運転するのが仕事ではなく、お客様とのコミュニケーションや出会い、感謝がある仕事であると聞き、魅力に感じました。 私自身接客の仕事の経験があるのと運転には自信があることから自分に合っている仕事なのではないかと思います。

トラック運転手への志望理由例②

体を動かす仕事をしたいと思い応募しました。 あまり細かな作業やオフィスワークが得意なほうではなく、逆に体力には自信があります。 また、以前仕事をしていた会社に来てくださっていた配送の方のきびきびとした動きやマナーなどが素敵だと感じ、そういった人間になりたいと思って応募しました。

トラック運転手への志望理由例③

自宅から近く、勤務時間も自分のライフスタイルに合っているのが一番の理由です。 また、今後も物流の仕事はなくらない仕事の一つだと考えており、長期間働ける仕事だと思うのも理由の一つです。

トラック運転手への志望理由例④

運転が好きかつ得意なので応募しました。 大型トラックの運転は未経験ですが、以前佐川急便でセールスドライバーの仕事をしていたのでトラックドライバーの経験はあります。 また大型自動車免許もすでに取得しています。

トラック運転手への志望理由例⑤

安心安全に荷物を運び、物流の分野で社会貢献したいと思うからです。 そもそも運転が好きで、大型トラックを運転すること自体にあこがれを感じています。 昔から好きなことは頑張れるタイプですので、貴社に貢献したいと思います。

本音のトラック運転手の志望理由

本音ベースの志望理由をご紹介します。本音ベースとは少し違うものが多くなっています。

トラック運転手への本音の志望理由例①

昔からの夢で、美容師の仕事をしていましたが、給料が10万円程度と生活していくのが苦しかったため、転職を検討していました。 未経験・スキルを問わず、稼げる仕事はないかと思っていたところ、配送の求人をみつけました。 年収は美容業界以外の友人に比べてもいいと思います。

トラック運転手への本音の志望理由例②

あまり人と会話をしない仕事をしたかったからです。 トラックドライバーの仕事ですと通常のオフィスワークや工場の仕事などに比べると、個人で運送している時間が長く、あまりコミュニケーションが得意ではない自分でも働きやすそうだと思い応募しました。

トラック運転手への本音の志望理由例③

給料面が一番大きいです。 家族が増えたタイミングでもあり、年収が400-500万程度は見込める仕事に就きたいと思っていました。 勤務時間自体は長めですが、フォークリフトの資格を取ったり、経験を積んだりしているので、安泰だと思います。

トラック運転手への本音の志望理由例④

純粋に大きいトラックを運転したいと思ったからです。 コンビニでアルバイトをしていましたが、ちょっとしたきっかけから、大型自動車免許とけん引免許を取得し、未経験ながら大型トレーラーの運転手の求人に応募・合格することができました。

トラック運転手への志望理由まとめ

いかがでしたでしょうか? 面接などの志望理由は、自動車の運転が好き、セールスドライバーであれば人とのコミュニケーションが好きといったことをストレートに伝えるとよいでしょう。 ただし本音の志望理由は、給料や、将来性、未経験可といった現実的な理由が多いようです。 本音と建て前をうまく使い分けながら、自分自身の応募理由を整理するとよいでしょう。