工場というと体力がある若い世代が働いているイメージが強いと思いますが、実際はどうなのでしょうか。今回は工場ワーカーの平均年齢や定年について詳しくお伝えしていきます。

 

工場ワーカーの年齢ってどのくらい?

実際に働いている工場ワーカーはどのくらいなのか、採用されやすい年齢層はあるのか、また年齢の違いによる給与の違いについて説明していきます。

 

どのくらいの年齢までが募集されているの?

まず採用されやすい年齢層が何歳ぐらいなのか、説明していきます。

求職者の多くの方は、採用試験を受ける前に自分の年齢でも採用してくれる会社があるのかどうか不安に感じています。

実際に「自分はかなり年齢が高いから若い人より受かりにくい」と思っている方もいるようです。


確かに年齢制限を設けている会社もありますが、すべての工場が年齢を基準に採用しているわけではありません。実際に40代、50代を積極的に採用している会社もあります。

よって採用試験を受ける前から自分の年齢を気にして、気になる会社や条件の仕事を諦めてしまうことは非常にもったいないことです。

気になったお仕事には積極的に応募していくことが、採用までの1番の近道といえます。

 

年齢の違いによって給与はどのくらい違うの?

次に、年齢の違いによって給与がどの程度違ってくるのかを説明していきます。

製造業の年齢別給与を見ていくと次のようになります。

 

20代254万円

30代337万円

40代445万円

50代480万円

 

上記はあくまで平均の数値となっているため、詳細な金額についてはその時の経済状況や会社規模によって異なる場合があります。

 

 

工場ワーカーの定年って?

工場ワーカーの年齢及び年齢の違いによる給与の違いなどを見ていただいたところで、次に工場に転職に有利な年齢はいくつぐらいなのか、また何歳まで働けるのかといった情報について説明していきます。

 

どのくらいの年齢だったら転職しやすいの?

工場に転職する際、雇用形態にこだわらなければ年齢を気にする必要はありません。

工場で募集されている主要な仕事としてライン作業があり、この業務は初心者や未経験者でも教えてもらえばできるようになる仕事であるため、ある程度の年齢の方でも仕事を行うことができます。


実際に工場ではアルバイトやパートの募集が多く、その場合若者からシニア世代までと幅広い年齢層の方が働いています。

中には60代でも歓迎している仕事があるほど、工場は募集している年齢層が広くなっています。

 

このように雇用形態を気にせずに工場でのお仕事を探す場合、年齢を気にする必要はありません。しかし正社員を目指すとなると話は変わってきます。

理由の1つとして、多くの工場が募集する雇用形態が非正規雇用だからです。加えて転職成功率というのは年齢が上がっていくごとに転職成功率が下がっていくのも事実です。

そのためただでさえ少ない雇用形態である正社員に転職するというのは、難しくなっている現状と言えます。


また未経験者だと転職しにくいという理由もあります。今まで工場で働いていて経験者である方の場合は管理職として転職できる場合もありますが、未経験の場合は厳しいのが現状です。

しかしアルバイトやパートから《正社員登用制度》により正社員になることは可能です。


正社員登用制度とはアルバイトやパート、その他正社員以外の雇用形態から会社ごとの条件や試験を受けることで正社員登録に変更できるというシステムです。このシステムを採用している会社は現在多く、ジョブハウス工場では正社員登用がある求人を多数掲載しています。

そのため「正社員になりたいけどアルバイトとかパートしかないからこの仕事は…」と諦めるのではなく、求人情報をしっかり読み、正社員登用制度があるのかどうか確認することが大事です。

 

 

工場で働くにあたって注意すべき点って?

工場で働くことができる年齢が何歳ぐらいなのか分かっていただいたところで、実際に工場で働く際にどんなことに気をつければ良いのか、説明していきます。

 

資格が必要な仕事がどうか

自分の行う業務において資格は必要なのかどうかということに気をつける必要があります。「採用された後に任された仕事だから、そんなこと確認しなくてもいいでしょ?」と思う方もいるかもしれません。

しかし万が一、任された仕事に必要な資格を保有していない状態で仕事を行った場合、《労働安全衛生法》に違反する可能性があります。


そのため自分の担当する仕事に資格が必要なのかどうか、必ず確認を行ってください。

もちろんジョブハウス工場には未経験者歓迎の求人もございます。

 

マニュアル通りに仕事を行っているかどうか

当たり前のことのように感じますが、これも注意すべき点で重要な部分です。

仕事に就任したばかりの頃はわからないこともあるため、マニュアル通りに仕事を行いますが、仕事に慣れてくると自己流の作業や作業工程で仕事を行う方も少なくありません。


しかし自己流で仕事を行うことは事故につながる行為でもあるため、決して行ってはいけません。

実際にマニュアルを無視した作業がきっかけで発生するヒューマンエラーも多く、そのためマニュアルを守って作業を行っていくということはとても大切です。

 

危険予測を行っているかどうか

危険予測を行うことも重要です。工場で作業を続けていくと失敗しそうになった時や危険な事故につながる可能性があることをしてしまう場合もあります。

そのような時は、その時の経験をその場限りにするのではなく、今後の作業のためにもしっかりとその時の体験を覚えておき、次に同じような場面に遭遇した時に冷静に対処できるようにしておくことが必要になります。そのため危険予測を行っていくことは非常に重要です。

 

このように工場で勤めていくうえでは気をつけるべき点はいくつもあるため、常に注意する必要があります。

 

 

最後に

以上で《工場に転職・就職するなら知っておくべき年齢や定年のこと》についての記事は終わりになります。

 

ジョブハウス工場にはこんな記事も!

《ジョブハウス工場》には印刷・製紙業界の求人化学・石油化学業界の求人機械・鉄鋼・金属業界の求人といった様々な記事や特集記事を多数掲載していますので、ぜひそちらも併せてご覧になってみてください。自分に合った求人が見つかることでしょう。

 

ジョブハウス工場ではこんなことも!

《ジョブハウス工場》にまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。

《ジョブハウス工場》では専属のキャリアコンサルタントによる、転職・就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、求職者様に合ったお仕事の紹介などもメールや電話で随時承っています。こちらのサービスも併せてご利用ください。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。