工場で働こうと思っているが不安な要素があるという外国人の方は少なくないのではないでしょうか。

今回はそんな方々の為に工場で働くにあたっての注意点や外国人でも無理なく仕事ができるかなどについて外国人歓迎の求人とともにご紹介していきます。

 

 

工場における外国人労働者の環境ってどうなっているの?

はじめに外国人労働者の方が、現在工場においてどのくらいの需要があるのか、受け入れ体制はしっかりしているのか、職場環境が整っているのかといった外国人労働者を取り囲む環境について、説明していきます。

 

 

働き手としての需要はあるの?

現在日本の製造業において、外国人労働者の需要は高まっています。その理由としては次の2つが挙げられます。

 

①若年労働者の減少

現在日本の製造業では若年労働者の減少により、深刻な人手不足に陥っています。そのため日本の製造業の技術を学びたいと考える勤労意欲の高い方や若い外国人労働者の方は積極的に採用される傾向があります。

また万が一日本語が上手く話せない方であっても工場の場合、他の仕事(サービス業や接客業など)とは違って梱包作業や仕分け作業をはじめとした1人で行う単純作業が多いです。

そのため仕事さえ覚えてしまえば日本語が上手に話せなかったとしても、業務をこなすことができます。

 

②工場の活気に常がる。

2つ目に異文化の方が職場に来ることで、日本人とは違う視点からの発想で職場に新たな考えやアイデアをもたらしてくれると考えている企業が多くあります。

そのため外国人労働者の方の需要は高まっていると言えます。また海外から日本の製造業に働きに来る方というのは、技術を学びたい、一生懸命働きたいと思っている方が多いため、企業側も積極的に外国人労働者を採用していきます。

 

このように幾つかの理由から、日本の製造業において外国人労働者の需要が高まっています。

 

受け入れ体制はしっかりしているの?

次に外国人労働者の受け入れ体制について説明していきます。

日本での外国人労働者の受け入れ体制は2種類あります。

1つは《企業単独型》と呼ばれる海外の合併企業や法人から職員を受け入れる方法と、もう1つは《団体管理型》と呼ばれる非営利の団体を通じて海外からの実習生を受け入れる方法があります。

 

職場環境は整っているの?

職場環境については基本日本人と同じと言えます。具体的には清潔な職場においての指導や実習、研修体制が整えられています。

なお日本語が苦手な方については複雑なコミュニケーションが必要ない部署に配属指定をもらうこともできます。

また仕事を探していく上で職場環境が働きやすいところなのかどうかある程度把握することもできます。


具体的に説明すると、まず1つ目に寮付き求人の場合は働きやすい環境と言えます。寮が付いている場合、わからないことや不安なことがあった場合は同僚の外国人や日本人に相談することができるからです。

2つ目のポイントとして、外国人労働者への受け入れが充実している会社については、入社後責任ある仕事を任せてもらえる場合があります。

仕事が任せてもらえるということは外国人のための職場環境がしっかりしているとも言えます。


また日本でのキャリアアップを考えている外国人の方は、そのような情報についても注意深く見ていく必要があると言えます。

このように、日本の製造業で働く場合、職場環境がしっかり整えられている会社を探すことを意識するとよいでしょう。

 

 

外国人労働者にはどんな仕事があるの?

外国人労働者を取り巻く環境について理解していただいたところで、次に外国人労働者にはどのような仕事があるのか説明していきます。

 

できる仕事内容って限られているの?

外国人の方の場合、商品仕分けやラベル貼りといった仕事から、機械の組み立てなど様々な仕事があります。そのため工場における多くの仕事ができます。

 

どんな条件で募集されているの?

仕事内容が様々である中、工場では一体どのような条件で外国人労働者を募集しているのか、実際の求人情報をもとに説明していきます。なお今回ご紹介するのは2つの求人情報になります。

 

パターン①

食品業界の求人


職種:食品加工及び軽作業


仕事内容:工場でのパン生地作り及び包装


給与:時給1000円以上 


勤務期間:長期雇用


勤務時間:勤務時間については3種類あり、シフト制となっています。

①7:00~16:00(実働8時間、休憩1時間)

②8:00~17:00(実働8h、休憩1h)

③22:00~7:00(実働8h、休憩1h)


 待遇・福利厚生:交通費一部支給

 

 

パターン②

機械業界の求人

 

職種:フォークリフト

 

仕事内容:製造加工を行っているラインに、フォークリフトを用いての部品供給

 

給与:時給1,250円~1,563円

 

勤務期間:長期雇用

 

勤務時間:勤務時間については日勤となっています。

8:10~17:00(実働8時間 休憩50分)

※残業月20~40h程度

 

待遇・福利厚生:

・交通費一部支給

・社員食堂あり

・個人ロッカーあり

・ワンルーム寮完備(生活備品付き)

・車・バイク・自転車通勤OK

・残業代25%増し

・夏季・冬季・GW休暇あり

・寮完備(寮費1ヵ月無料)

 

以上が実際の外国人を募集している工場求人になります。

 

 

工場で働くにあたって注意すべき点って?

外国人向け求人について知ってもらったところで、次に外国人の方が工場で働くにあたって注意すべき点について説明していきます。

 

自分が日本で働けるかどうか

まず1つ目に、自分が日本で働く資格があるのかどうか、確認する必要があります。外国人が日本で働く場合、在留資格の内容と仕事の内容が一致していなければなりません。

在留資格とは日本で外国人が入局管理局から受け取る、在留許可を受ける際の潜在目的を示す資格となっています。そのため自分の滞在目的と仕事内容が一致しているのかどうか確認する必要があります。


また就労可能な在留資格でなくても、《資格外活動許可》を得ることによって日本国内で就労することも可能になっています。

その他の在留資格として《永住者》や《永住者の配偶者等》、《日本人の配偶者等》といった身分や地位に基づく在留資格というものがあります。

これらの該当する在留資格を持っている外国人の場合、日本人が就くことのできる職種のほとんどに就くことができます。

 

雇用保険に加入しているのかどうか

2つ目に雇用保険に入っているのかどうか確認してください。雇用保険に加入していれば、万が一失業した場合でも、失業手当を受け取ることができます。なお雇用保険に加入する条件は次のようになります。

① 1年以上引き続き雇用されることが見込まれる場合。なお雇用期間が数ヶ月の場合であっても、再度同じ雇用主に雇われる場合はこの条件に該当します。

 

② 1週間の所定労働時間が20時間以上である場合。

 

解雇理由について

万が一、あなたが「外国人であるから」という理由で解雇された場合、それは禁止されている行為になります。

そのため国籍を理由に解雇された場合は、関連企業等へのあっせん、教育訓練等の実施・受講のあっせん、求人情報の提供といった、あなたが再就職するための援助を雇用主に求めることができます。

 

このように外国人の方は工場で働く場合、幾つかの点に注意しなければなりません。

 


最後に

以上で《外国人の方必見!読めば工場で働く不安が解決するかも?》についての記事は終わりになります。

 

ジョブハウス工場にはこんな記事も!

《ジョブハウス工場》には印刷・製紙業界の求人や化学・石油化学業界の求人、機械・鉄鋼・金属業界の求人といった様々な記事や特集記事を多数掲載していますので、ぜひそちらも併せてご覧になってみてください。自分に合った求人が見つかることでしょう。

 

ジョブハウス工場ではこんなことも!

《ジョブハウス工場》にまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。

《ジョブハウス工場》では専属のキャリアコンサルタントによる、転職・就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、求職者様に合ったお仕事の紹介などもメールや電話で随時承っています。こちらのサービスも併せてご利用ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!