この記事では自動車・自動車部品・バイク業界の求人をもとに各企業がどんな人材を求めているのかをご紹介していきます。

自動車・自動車部品・バイク業界への就職・転職を考えている方やその他の方にも、自動車・自動車部品・バイク業界の工場でのお仕事に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。


そもそも自動車・自動車部品・バイク業界ってどんなところ?

自動車や自動車部品、バイク業界の基本情報や主な業務内容、実際の企業について説明していきます。

 

自動車業界

業界規模は60兆円を超えており、他の業界と比較してもかなり市場規模が大きいです。国内のみにとどまらず、海外にも拠点や工場をもつ企業が多く存在しています。

 

自動車部品業界

業界規模は約26兆円と、自動車業界同様に市場規模が大きいです。自動車部品業界は大手自動車メーカーの傘下の企業が多く、海外にも拠点や工場を増やして新たな海外市場を開拓しています。

 

バイク業界

業界規模は3兆円程度です。市場規模としては自動車や自動車部品に劣るものの、国外でも高いシェアを誇っています。

海外にも拠点や工場を増やすなどして新興国を中心に市場が拡大していると言えるでしょう。


どの業界も市場規模が大きく人手が必要なため、大量募集の求人が比較的多いです。

ここまでが業界の基本情報で、これから主な仕事内容について説明していきます。

 

工場ではどんな仕事をするの?

工場での仕事内容は主に2つあり、自動車・バイクの製造とその部品の生産です。それぞれの仕事内容に関して簡単に説明していきます。

 

・自動車やバイクの製造

自動車やバイクの製造行程はいくつかに分けられており、プレスや溶接、塗装などがあります。今ではほとんど機械で業務が可能なため、機械を補助する作業が主です。

その後に車体の組み立てに移るのですが、これは機械だけでなく人の手を使うことが多くあります。


自動車・バイクのボディーやエンジン、内装などに部品を取り付けていき、そして最後の工程として組み立てられた自動車やバイクを検査して問題がないかチェックを行います。問題がなければ、完成です。

最近では機械化が進み人の手を使うことは減りましたが、細かい作業や検査は機械に頼ることなく人が行っているケースが多いです。

 

・自動車やバイクの部品を生産

主な仕事内容は部品の検査や工具を使用した組み立て、機械への部品のセットなどがあります。こちらの場合でも機械化が進み作業が自動なので、細かい検査や機械の補助が主な仕事です。


自動車・自動車部品・バイク業界のトップ企業ってどこになるの?

・トヨタ自動車株式会社

自動車業界で1位のシェアを誇るトヨタ自動車株式会社の従業員数は7万人であり、連結している企業も合わせると34万人超となっています。売上高は28兆円を超え、自動車業界のシェアの40%を占めています。


・株式会社デンソー

デンソーは自動車部品業界の国内企業でシェアが1位であり、連結している企業を合わせると従業員数が14万人を超えています。

売上高に関しては4兆円程度となっており、これは業界シェアの15%にあたります。またトヨタグループに属しており自動車・自動車部品共に業界シェア1位を占めています。


・本田技研工業株式会社

バイク業界で1位のシェアを誇る本田技研工業株式会社は売上高1兆円を超えており、業界シェアの実に50%以上を占めています。

またバイク業界だけでなく自動車業界でも業界シェア3位となっており、バイク・自動車業界共に牽引している企業といえます。



自動車・自動車部品・バイク工場で働くためには経験や資格は必要になるの?

仕事内容や特徴、企業について理解してもらったところで、次に実際に工場で働くために必要なことは何かあるのか、経験や資格、スキルといった様々な視点から説明していきます。

 

未経験者でも働けるの?

工場での業務は流れ作業が多いため、いきなり高度な仕事を任されることはほとんどありません。よって未経験者歓迎の求人も少なくありません。

なお、フォークリフト免許や玉掛などの特別な資格を持っている方や経験者の方は優遇されることもあります。

 

【どんな資格が必要とされるの?】

前提として業務の中には資格が必要ないものが多いため、必ず持っていなくてはいけないということはありません。

しかし資格を持っているとキャリアアップに繋がったり、仕事の幅が広がったりするので、持っておいて損はないでしょう。持っておくと良い資格をいくつか紹介します。

 

・アーク溶接免許

溶接の作業に必要な資格で、アーク溶接免許以外にもガス溶接免許なども存在します。業務上必要になれば取得するというケースが多いです。

 

・フォークリフト運転免許

直接業務内容には関係ありませんが、何かを運ぶ際に利用することが多く様々な工場で利用されています。そのため免許を持っているとこの業務を行えるので仕事の幅が広がります。

 

また職種によっては必要な資格は変わるので、しっかり確認しておきましょう。

 


どんな人が自動車・自動車部品・バイク工場で働く上でむいてるの?

まず必要になるのが忍耐力です。工場作業の場合、同じ動きを繰り返し続けることが苦痛になることがあるかもしれませんし、業務の多くが立ち仕事になります。よって単純作業や立ち仕事を苦に思わない方に向いています。


また工場での作業は1人で淡々とする場合が多く、あまり他に気を遣う必要がないため、人付き合いが得意でない人や気を遣うことに疲れてしまう人にも向いているでしょう。また日本語があまり得意ではない外国人の方にもおすすめで、外国人歓迎の求人も多いです。

向いているという意味では、毎日自動車やバイクを製造したりその部品を作るため、自動車やバイクが好きな人にも工場ワーカーはぴったりのお仕事です。


 

工場によって様々な条件・待遇があります!

ここまで自動車・自動車部品・バイク業界の基本情報や働くうえで必要なところやどんな人が向いているかなど説明してきましたが、実際に工場と言っても条件や待遇は様々です。具体的な例を挙げていきます。


・週休二日制、シフト制

週休二日制やシフト制の場合自身の予定を組みやすく、プライベートな時間を大切に出来ます。

 

・社員寮完備

工場の中には社員寮を保有している場合が多いため、自身が住まわれている地域から離れた勤務地であっても安心して勤務することが可能です。

 

・正社員登用あり

複数年勤務しているとキャリアアップして正社員になれる企業もあります。

 

このように工場によってそれぞれ条件や待遇が異なるので、自身の希望にあった条件や待遇を探してみることをお勧めします。



最後に

以上で自動車・自動車部品・バイク工場業界のお仕事はこんな人におすすめ!についての記事は終わります!

ジョブハウス工場にはこんな記事も!

《ジョブハウス工場》には自動車・自動車部品・バイク業界の求人のほか、機械・鉄鋼・金属業界の求人や、家電・パソコン業界の求人といった様々な記事や特集記事も多数掲載していますので、ぜひそちらも併せてご覧になってみてください。

またの工場において自動車・自動車部品・バイク業界には様々な職種があり、自分に合ったものが見つかるかもしれません。

 

ジョブハウス工場ではこんなことも!

《ジョブハウス工場》にまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。《ジョブハウス工場》では専属のキャリアコンサルタントによる、転職・就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、求職者様に合ったお仕事の紹介などもメールや電話で随時承っています。こちらのサービスも併せてご利用ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!