この記事では印刷・製紙業界の雇用形態をはじめ、勤務形態や休暇、残業の平均時間などについて説明していきます。

 

印刷・製紙工場の雇用形態ってどうなっているの?

勤務形態や休暇、残業については雇用形態によって異なる場合があります。そのためこれらについて説明する前に、どういった雇用形態がこれらの工場において存在するのか説明していきます。


これらの業界の工場では大きく分けて正社員、派遣社員、契約社員(期間工)、パート・アルバイトの4つの雇用形態が存在します。中でも正社員が多い傾向にあります。

紙に関する深い知識や扱う技術が要求されるため会社も長期雇用を前提とした採用を行っているところが多いです。

なお、正社員になる方法については正社員として入社する他に、正社員登用ありの求人と呼ばれる契約社員やアルバイトなどが入社後に試験を受けたり、規定の条件を満たしたりすることでなることができます。

 


正社員の勤務形態、休暇、残業ってどうなっているの?

はじめに正社員の勤務形態や休暇、残業について説明していきます。

なお今回紹介するものは一例であり、工場によって細かい出勤時間の違いや休暇についての制度は違ってきますので、各会社の求人情報を参照して下さい。 

 

勤務形態について

正社員の勤務形態については大きく分けて2種類あります。1つは常日勤と呼ばれるものです。これは勤務時間や曜日が決まっている勤務形態です。

もう1つは日勤や夜勤など様々な勤務時間を組み合わせ、3交替制や2交替制といった出勤時間が異なる場合です。

この2つの勤務形態が具体的にどのようなものなのか例を挙げて説明していきます。

 

【日勤の場合(例)】

勤務時間:09:0~18:00

勤務曜日:月火水木金

 

【2交替制の場合(例)】

2交替制の場合、勤務時間は2種類あります。

 

勤務時間:①09:00~17:00  ②17:00~01:00

勤務曜日:月火水木金

 

【3交代制の場合(例)】

3交替制の場合、勤務時間は3種類あります。

勤務時間:①07:00~15:00  ②15:00~23:00  ③23:00~07:00

勤務曜日:月火水木金土日

 

勤務時間は第1週が①、第2週が②、第3週が①というように交互に変えていくというのが2交替制の特徴になります。

なおこれが3交替制の場合、1日に3つの勤務時間があり、3つの勤務時間を先ほどのように週ごとに、または月ごとに変えていく形になります。

 

 

土日祝日休みはあるの?休暇について

次に正社員の休暇について説明していきます。休暇については基本的に土日が休みに加え、祝日も休みの求人を行っている企業もあります。

しかし、工場によっては忙しい時期、臨時で土曜日、祝日に出勤する場合があります。


12月のクリスマスや新学期前の3月などの印刷物の需要が高まる時期は土日祝日関係なく働かなければならない可能性もあります。3交替制の場合、深夜勤務の関係もあり土日の出勤がある可能性が高いです。

なお有給休暇というのは一年ごとにある一定数付与される休暇日に給料が支給される特別な休暇になりますので、雇用先の企業によって異なる場合が多いです。


例えば、読売新聞の印刷工場でもあるプリントメディア西部の求人では以下のようになっています。


・年間休日数105日

・ローテーションによる休日(曜日不確定)


なお、より詳しい休暇についての情報は《ジョブハウス工場》に掲載されている各社求人記事をご覧になってください。

 

時期ごとに作業の多さによって変わる?残業について

次に正社員の残業について説明していきます。残業に関しても勤務形態や会社によって差が出てきます。そのため印刷・製紙工場だから◯時間の残業があると決まっているわけではありません。

例えば教育関係の印刷物を手がけるみつわ印刷の求人では月平均の残業時間は20hとなっており、これは一日約1時間ほどです。


しかし、出版物の属性もあり3月は残業が多くなりそうです。業界全体としても繁殖期を除くと月20~30時間の残業が多いようです。

なお詳しい残業時間について知りたいという方は《ジョブハウス工場》に掲載されている各社紹介記事や求人記事をご覧になってみてください。

 


契約社員(期間工)、その他の勤務形態、休暇、残業について

次に契約社員(期間工)やその他雇用形態の勤務形態、休暇、残業について説明していきます。

 

勤務時間はどうなっているの?

勤務時間については正社員と同様、常日勤と呼ばれる勤務時間が決まっているものと、2交替制や3交替制といった様々な時間を組み合わせたものの2つになります。

 

【日勤の場合(例)】

 勤務時間:09:0~18:00

勤務曜日:月火水木金

 

【 2交替制の場合(例)】

2交替制の場合、勤務時間は2種類あります。

勤務時間:①09:00~17:00  ②17:00~01:00

勤務曜日:月火水木金

 

【3交替制の場合(例)】

3交替制の場合、勤務時間は3種類あります。

勤務時間:①07:00~15:00  ②15:00~23:00  ③23:00~07:00

勤務曜日:月火水木金土日

 

勤務時間は第1週が①、第2週が②、第3週が①というように交互に変えていくというのが2交替制の特徴になります。

なおこれが3交替制の場合、1日に3つの勤務時間があり、3つの勤務時間を先ほどのように週ごとに、または月ごとに変えていく形になります。②や③の勤務時間の場合は深夜勤務手当が付く時間帯もあります。 

 

基本的に土日祝休み!休暇について

次に休暇について説明していきます。休暇については勤務形態が大きく影響してきますが、契約社員(期間工)、その他の雇用形態も正社員と同様、基本土日、祝日が休日となっています。

しかし繁殖期に多く出される派遣や雇用期間の短い求人の場合、土日祝日関係なく働かなければならない可能性もあります。3交替制の場合は、深夜勤務の関係もあり土日の出勤がある可能性が高いです。


また会社ごとに勤務カレンダーが違ったり、休日がシフト制の会社もあるため、詳しい情報については《ジョブハウス工場》に掲載されている各社求人記事をご覧になってみてください。

その他の休日としては先ほどと同様有給休暇や夏季、年始年末、ゴールデンウィークといった大型連休が設けられている場合もございます。


例えば、大手通販のカタログを扱っているオービービー株式会社の求人条件以下のようになっています。


・日曜、祝日、土曜(年に数回土曜日出勤の場合有)

・年間休日119日(会社カレンダーに従った休日)

 

業種や繁忙期によっても様々?残業について

次に残業時間について説明していきます。残業に関しては正社員と同様勤務時間や会社によって差が出ます。そのためこちらも同様◯時間の残業があると決まっているわけではありません。

例えば、印刷物の仕分け・封入・検品・梱包の派遣社員を募集している株式会社ティーディーエスの求人条件では基本的に残業はなく、繁殖期に2時間程度となっております。

なお詳しい残業時間については《ジョブハウス工場》に掲載されている各社求人記事をご覧になってみてください。

 

以上で、契約社員(期間工)やその他雇用形態の勤務形態、休暇、残業についての説明を終わります。


最後に

以上で《印刷・製紙業界の勤務時間・休暇・残業について教えて!》についての記事は終わります!

 

ジョブハウス工場にはこんな記事も!

《ジョブハウス工場》には印刷・製紙業界の求人のほか、機械・金属業界や、食品・飲料業界の求人などの様々な求人記事や特集記事も多数掲載しておりますので、ぜひそちらも併せてご覧になってみてください。

また印刷・製紙業界の工場においては様々な職種があり、自分に合ったものが見つかるかもしれません。よろしかったらそちらもご覧になってみてください。

 

ジョブハウス工場ではこんなことも!

《ジョブハウス工場》にまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。

《ジョブハウス工場》には無料で登録できるほか、専属のキャリアコンサルタントによる、転職・就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、求職者様に合ったお仕事の紹介などもメールや電話で随時承っています。こちらのサービスも併せてご利用ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。