このページでは食品・飲料工場の求人をもとに雇用形態別に勤務形態・休暇・残業時間について詳しく説明していきます。


食品・飲料工場の勤務形態ってどうなっているの?

食品・飲料工場の勤務時間、休暇、残業について紹介する前に、雇用形態について説明していきます。なぜなら勤務時間、休暇、残業は雇用形態によって変わる可能性があるからです。


食品・飲料工場の従業員は主に正社員、派遣社員、契約社員、パート・アルバイトで構成されています。

この業界では派遣社員とパート・アルバイトが多い傾向がありますが、中には非正規雇用社員正から正社員になることができる正社員登用制度がある求人も存在します。



食品・飲料工場の勤務形態ってどうなっているの?

これから勤務形態について説明していきます。会社によって様々ですが、勤務形態は主に常勤、二交代制、三交代制の3種類です。

食品・飲料工場の場合は勤務形態は雇用形態によって異なることはあまりないので、ここでは雇用形態別の説明は省略します。


常勤

常勤とはサラリーマンのように決まった時間、曜日に働く勤務形態です。基本的には朝から夕方まで(例 8:00〜17:00)の勤務になり、夜は自分の時間を取ることができます。

生活リズムが不規則にならないので、家庭を持っている方にオススメの勤務形態です。


二交代制

二交代制とは一日を二分割し、製造を行なっていく勤務形態です。

主に日勤(例 7:00〜19:00)と夜勤(例 19:00〜7:00)に分けられています。勤務時間が長く、体力的にも精神的にも負担が大きいです。

しかし他の勤務形態に比べてまとまった休みを取ることが可能なので、プライベートな時間を充実させることができます。


三交代制

三交代制とは一日を三分割し、ひとり8時間勤務で製造を行なっていく勤務形態です。

主に日勤(例 7:00〜15:00)、夕勤(例 15:00〜23:00)、夜勤(例 23:00〜7:00)の時間帯に分けられています。

自分の予定に合わせて勤務する時間帯を選ぶことができますが、生活が不規則になってしまいやすいというデメリットがあります。



休憩時間は?

休憩時間は勤務時間に応じて労働基準法で定められています。


 労働時間6時間以内:なし

 労働時間6〜8時間:45分以上

 労働時間8時間以上:1時間以上


食品・飲料工場では製造ラインを止めて、従業員全員が一斉に休みを取ることが一般的です。ほとんどの工場が勤務時間の途中に1時間ほど、また工場によっては1時間休憩以外に小休憩を設けています。

工場では流れ作業を行なっているため製造ラインを短時間でも離れることが難しく、自由に休憩を取ることは基本的にできません。



食品・飲料工場で働いて休暇はしっかりとれるの?

次に食品・飲料工場の休暇について雇用形態別に説明していきます。


正社員の休暇

・休日

常勤の勤務形態を採用している会社では、土日休みの求人を出しているところが多いです。

中には祝日も休日となっている会社もあります。一方、交代制ではシフトの状態によって休みになる日が変わります。


①土日が決まった休日

②3日連続で働いて1日休み(三交代制に多い)

③4日連続で働いて2日休み(二交代制に多い)


尚、どの勤務形態でも繁忙期には休日出勤をしなければならない場合があります。


・長期休暇

ゴールデンウィーク、夏季、年末年始などの長期休暇が設けられている会社が多いです。


・有給休暇

有給休暇は一定期間勤務した労働者が有給で休暇が取れる制度です。

食品工場・飲料工場によっては上記の休みに加え、有給休暇も取れます。


派遣社員、パート・アルバイトの休暇

・休日

正社員と同様に、常勤の勤務形態では土曜日と日曜日が休日となっている会社が多いです。

さらには祝日も休日となっている会社もあります。交代制も正社員と同じでシフトの状態によって、休みになる日が変わります。


①土日が決まった休日

②3日連続で働いて1日休み(三交代制に多い)

③4日連続で働いて2日休み(二交代制に多い)


尚、どの勤務形態でも繁忙期には休日出勤をしなければならない場合があります。


・長期休暇、有給休暇

正社員に比べてどちらの休暇も取ることは難しいです。しかし中には長期休暇、有給休暇を取ることが可能な会社もあります。

休暇は会社や勤務形態や雇用形態によって異なります。休暇に関する詳しい情報は《ジョブハウス工場》に掲載されている各社の求人記事をご覧になってください。



残業はどれくらいするの?

最後に残業、残業代について説明していきます。残業に関しては雇用形態ではなく工場によって異なることが多いです。よって一般的な食品・飲料工場の残業、残業代を紹介します。


残業

他の業種と同じく繁忙期には残業があります。また食品を扱っている食品・飲料工場は、納期期日を厳守するために残業が多くなるようです。

製造業は基本的に複数人で流れ作業を行っているので、一人が抜けると生産ができなくなります。そのため残業を断ることはなかなか難しいです。

尚、交代制の勤務形態を採用している工場ではラインが止まらないよう従業員が入れ替わるようにシフトを組むので、常勤の職場よりは残業が少ない傾向にあります。


残業代

残業代は残業時間に応じて支払っている会社が多いです。しかし中には残業代を一部または全く支給せずに問題になっている会社もあり、会社の見極めが重要です。



最後に

以上で【勤務時間・休暇・残業】についての記事は終わります。


ジョブハウス工場にはこんな記事も!

《ジョブハウス工場》には食料・飲食業界の求人のほか、製薬・化粧品業界の求人や家電・パソコン業界の求人といった様々な記事や特集記事も多数掲載していますので、ぜひそちらも併せてご覧になってみてください。

また食品・飲料業界の工場においては様々な職種があり、自分に合ったものが見つかるかもしれません


ジョブハウス工場ではこんなことも!

《ジョブハウス工場》にまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。

《ジョブハウス工場》では専属のキャリアコンサルタントによる、転職・就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、求職者様に合ったお仕事の紹介などもメールや電話で随時承っています。こちらのサービスも併せてご利用ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!