この記事では食品・飲料工場の求人や各企業がどんな人材を求めているのか、どんな人が向いているのかをご紹介していきます。

食品・飲料業への就職・転職を考えている方やその他の方にも、食品・飲料の工場でのお仕事に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。


そもそも食品・飲料業界ってどんなところ?

食品・飲料業界の業界規模や業務内容、具体的な企業について説明していきます。


食品業界の業界規模はどのくらいなの?

業界規模は18兆円超で、食品業界全体は政治的な影響を受けにくいため比較的安定しています。またここ数年で海外へ工場を展開することが増えており、海外の市場開拓が図られていると言えるでしょう。


食品業界の工場での仕事内容ってどんなものがあるの?

食品工場では様々な食品を扱うので、食品によって業務内容が変わることが多いです。主な業務内容は食品の盛り付けや加工となります。

流れ作業が多く覚えることが比較的簡単なため、未経験の人でもお仕事可能です。具体的にどんな作業があるのか見てみましょう。

 

・お菓子工場

流れてくる商品のデコレーションや盛り付けが多いです。食べ物なので衛生管理などに最大限の注意を払う必要があります。また流れ作業の多く力仕事が少ないため、女性でも働けるという特徴があります。

 

・お弁当工場

仕事内容は担当ごとに分かれていて、おかずの盛り付けや下ごしらえ、調理など様々です。製造後は各店舗に送られます。

 

食品業界の代表的な企業ってどこなの?

・明治ホールディングス

食品業界においてシェア1位であり、業界を牽引しています。グループ全体で1万6000人超の従業員をもち、海外に26拠点築いている日本有数の企業です。

またグループの売上高は1兆1,480億円超で、これは食品業界全体のシェアの6.4%にあたります。


・日本ハム株式会社

食品業界で2位のシェアを誇る日本ハム株式会社は、売上高1兆1,220億円超です。食品業界全体のシェアとしては6.2%になります。業界の中心ともいえる企業でしょう。

 

飲料業界の業界規模はどれくらいなの?

業界規模は4兆円を超えています。飲料業界も食品業界同様に世界情勢や政治的影響を受けにくいため、比較的安定した業界です。

また飲料業界で大きな収益を生み出している自動販売機ですが、国内のみならず最近では海外に自動販売機を置く企業も見られます。

人手確保のため大量募集の求人が多い傾向があります。

 

飲料業界の工場での仕事内容ってどんなものがあるの?

仕事内容はどんな商品を扱うかによって変わってきますが、原材料の管理や各種機械のメンテナンス、工場内での商品運搬、梱包などがあります。

業務の種類は多く、それぞれ分業をして業務にあたっています。ここからは飲料を出荷するまでにどんな作業があるのかご紹介していきます。

 

・飲料の製造

各種飲料メーカーの工場で業務を行います。業務内容としては原材料の調合や飲料の濃度調整、殺菌するために過熱を行う業務など多岐に渡ります。

 

・容器を扱う作業

飲料だけでなくその容器も、飲料メーカーが工場で製造する場合が多いです。

例えば容器を適切な硬さにするために熱で熱して柔らかくする作業や、容器の中に機械で飲料を入れる作業、キャップをなどで容器にふたをする作業などがあります。

 

飲料業界の代表的な企業ってどこ?

・サントリーホールディングス

飲料業界で1位のシェアを誇るサントリーホールディングスは、売上高1兆円超です。飲料業界全体のシェア25%を占める業績で、現在飲料業界を牽引している企業とも言えるでしょう。

 

・アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングスは飲料業界の中心となっている企業です。飲料業界で2番目のシェアを誇り売上高4,500億円を超え、飲料業界全体のシェアとしては約11%を占めています。

  


食品・飲料業界の工場で働くにはどんなことが求められるの?

食品・飲料工場での業務について理解してもらったところで、次に実際に工場で働くために必要なことは何か、経験や資格、スキルといった様々な視点で説明していきます。


未経験者でも工場で働けるの?

工場で勤務する場合、流れ作業が多く専門性が必要な仕事は多くないので、未経験者OKの求人が多い傾向があります。なお、フォークリフト免許などの特別な資格を持っている経験者の方は、歓迎されます。


働くためにあった方が良い資格は?

前提として食品・飲料工場で働くうえでは資格など専門的な技術がなくても仕事ができるということはお伝えしておきます。

しかし資格をもっていると業務の幅が広がり、キャリアアップに繋がることがあります。ここでは工場で持っておくと良い資格をご紹介していきます。

 

・衛生管理者資格

この資格は一定数の従業員が所属している職場には、必ず専任が必要になります。仕事内容としては従業員が安全に衛生的に業務することができるように職場環境を整えることです。

取得方法には一定期間の実務経験が最低条件になるため、工場で仕事をしてキャリアアップの選択肢として考えてみるのが良いかもしれません。

 

・フォークリフト運転免許

この資格は工場内で物を運ぶ時や商品を出荷するときの積み込みに使う機会がある、フォークリフトの運転に必要な資格です。

食品・飲料業界の工場のみならず他の業界の工場でも利用する機会が多いので、持っていると優遇されるでしょう。工場で仕事をすることを考えている人は取得してみて損はありません。

 

このように工場で働くうえで、持っていると便利な資格はいくつか存在します。しかし多くの資格は働いてから必要になったり、実務経験を問わたりする資格が多いです。

必ずしも事前に用意する必要はないので、自分に合った資格があれば受験してみてはいかがでしょうか。


どんな人が向いているの?

まず必要なのは、黙々と作業に取り組める精神力です。工場でのお仕事は同じ作業の繰り返しが多いため、集中して作業に取り組まなくてはなりません。よって黙々と何かに熱中出来る人はぴったりです。

 

次に必要なのは、仕事に対する強い責任感です。食品や飲料には繊細な配慮をもって、安心や安全を徹底することが必要になってきます。よって責任感がしっかり持てる人は向いているのではないでしょうか。

 


工場によって様々な条件・待遇があります!

食品・飲料業界の基本情報や働くうえで必要なことや向いている人などを説明してきましたが、実際には工場によってそれぞれ条件は大きく異なってきます。ここからは具体的な例を挙げていきます。

 

・週休二日制、シフト制

週休二日制やシフト制の場合自身の予定を組みやすく、プライベートな時間を大切にできます。


・社員寮完備

工場の中には社員寮があることが多く、自身が住まわれている地域から離れた勤務地であっても安心して勤務することが出来ます。

 

・正社員登用あり

複数年勤務しているとキャリアアップして正社員になれる企業もあります。

 

このように工場によってそれぞれ条件や待遇は変わるので、自身の希望にあった条件や待遇を探してみることをおすすめします。



最後に

以上で食品・飲料業界についての記事は終わります!


ジョブハウス工場にはこんな記事も!

《ジョブハウス工場》には食品・飲料業界の求人のほか、製薬・化粧品業界の求人や家電・パソコン業界の求人といった様々な記事や特集記事も多数掲載していますので、ぜひそちらも併せてご覧になってみてください。

また食品・飲料業界の工場においては様々な職種があり、自分に合ったものが見つかるかもしれません。


ジョブハウス工場ではこんなことも!

《ジョブハウス工場》にまだ登録していないという方は、この機会にご登録をしてみてはいかがでしょうか。

《ジョブハウス工場》では専属のキャリアコンサルタントによる、転職・就職活動の際に必要な履歴書や面接の対策に関する相談や、求職者様に合ったお仕事の紹介などもメールや電話で随時承っています。こちらのサービスも併せてご利用ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!